kick4ロゴ3号
目次

トップページ
この会について
 出納簿
入会方法


総会
やったこと
行事予定
すべきこと
ロゴ集
変更履歴

活動
定例研究会
メーリングリスト過去ログ
( 一覧 / スレッド)

メール不達者
会員名簿(停止中)
kick4wiki
kick4BBS


9月定例会のページ→
12月定例会のページ→

2002年10月 第2回定例研究会 joint with BBQ

BBQ & KICK4 合同ミーティング

発表
発表
近況報告会
近況報告会
参加者名簿
参加者名簿 ?

10月の研究会は BBQ(九州 BSD Users Group)と合同で開催されました。

  • 日時: 2002年10月26日(土) 13:30-17:00

  • 場所: 九州産業大学情報科学部 12号館 12107番マルチメディア教室
    (〒813-8503 福岡市東区松香台2-3-1)
    地図: http://www.kyusan-u.ac.jp/contents/05map/map_main.htm
    できあがったばかりの建物できれいで設備もすばらしかったです。 定員240人の教室に プロジェクタが最大5面使用可能、 各机には AC100Vのコンセントと100Base-Tのコネクタがついています。

  • 参加者 16名
    (敬称略)
    しもかわ、あきやま、まえだ、きむら、 くにさき、いのうえ、ながしま、 いまむら、くろだ、まちがしら、おかもと、 かまち、かとう、のむら、かさはら、なりまつ
  • プログラム:
    • 13:00 開場
    • 13:35 開会
    • 13:46-14:15 発表1: 国崎氏: 「IPv6 の試験的な環境構築」
    • 14:18-14:46 発表2: 下川氏: 「九州産業大学情報科学部の情報システムの紹介」
    • 14:55-15:49 発表3: 木村氏: 「iアプリを作ろう! 〜 携帯Javaの世界 〜」 発表資料
    • 15:49-15:55 休憩
    • 15:55-16:31 発表4: 蒲池氏: 「JAVA入門キットとしてのRobocode」
    • 16:31-16:40 展示物紹介
    • 16:40-17:00 近況報告会
    • 17:00-17:20 次回研究会について
    • 17:20-17:40 新校舎見学ツアー
    • 18:00- 懇親会
  • 懇親会
    懇親会の写真
    懇親会

    18:00から 懇親会も開催されました。
    場所は さかな市場 香椎駅前店 いろんな話で盛り上がりました。

  • 発表内容

    • 国崎氏:

      表題 IPv6 の試験的な環境構築

      概要

      次世代のネットワーク規格としてのIPv6はまだまだ一般に普及はしていませんが、 現時点ですでに試験的なサービスは動き始めています。 また、開発側のIPv6ネットワークへの対応はずいぶんと活発化してきています。 今回は Linux 及び WindowsXP を例に挙げて 試験的な IPv6 ネットワーク環境の構築方法と、 それらの環境でのIPv6開発の第一歩までを紹介したいと思います。

    • 下川氏:

      タイトル: 「九州産業大学情報科学部の情報システムの紹介」

      概要:

      九州産業大学 情報科学部は 2002年 4月に設置された。本学部には、 通常の計算機ネットワークシステム以外に、講義記録システムと呼 ぶシステムが導入されている。本発表ではこれらの概要を紹介す る。

    • 木村氏:

      タイトル: 「iアプリを作ろう! 〜 携帯Javaの世界 〜」

      概要:

      iアプリの開発について、開発環境の整備から基本的な作り方、よ く使われるテクニックを説明します。その中で503iと504iの違い、 実際に開発する時に遭遇した端末の差による苦労などもお話しします。 発表資料

    • 蒲池氏:

      表題 JAVA入門キットとしてのRobocode

      概要

      RoboCodeはJAVAで記述した戦車ロボットオブジェクト同士を対戦させ勝敗を 競うゲームです。エディタやコンパイラといった開発環境も組み込まれていて、 簡単に導入でき、楽しみながらJAVAらしいコーディングを学べることから、JAVA 言語の入門や教育用として適しています。 今回、このRoboCodeの導入方法とロボットの作り方を紹介していきます。

      参考URL: http://www-6.ibm.com/jp/event/robocode/home/index.html

  • 展示物

    • 成松氏: 140dot × 32dot の蛍光表示管モジュール

      蛍光表示管
      蛍光表示管モジュール

      Noritakeというところが製造している 蛍光表示管モジュール GU-7000シリーズです。 140dot × 32dot で、グラフィック表示可能、 RS232Cインターフェースで接続できます。 これにビットマップファイル(pbmファイル)を表示させる プログラムを作成し展示しました。 本当は、漢字を含む文字をスクロールさせながら表示させる デモをやりたかったのですが、間に合いませんでした。 (涙;;) このモジュールは、 エリスショップで 6,820円ぐらいで 購入可能です。 見積り要求を出してみてください。 また、製造元の このページ から直接スターターキットを 購入することができます。 価格は 10,500円と高くなりますが、 ケーブルやスタンド(名札立て?)フィルター等が付属し 便利です。


$Id: tail.rep,v 1.1 2002/07/23 08:32:15 nari Exp $